いろんなツールを連携させることで,自分の注目度を上げよう。

Webを使った集客として,今は使える手法がたくさんあります。とてもおもしろい時代になってきました。

まず考えられるのはメールマガジンを使った手法。メールマガジンを使えば,直接的に相手に自分の事業について訴えることができます。ビジネスマンは必ず日々メールをチェックしますから,訴求力が高いです。
しかし,メールマガジンを効果的に使うためには,様々なハードルがあります。まず,送り先のメールアドレスを取得する必要があること。これは顧客名簿などを持っていれば良いのですが,そうでない場合には何らかの方法でメールアドレスを取得する方法があります。ネットで公開されているメールアドレスに送る,人づてに聞いて送る,そして今では,アンケートなどに応えてもっらたら何かをプレゼントなどのサイトを用意して,そこにメールアドレスを表記してもらうなどの方法があります。
また,メールを送ったところで必ず読んでもらえるとは限りません。大体,タイトルを見て人は読むかどうかを決めますから,読みたいと思うような魅力的なタイトルを付ける必要があります。事業そのものの魅力はもちろんのこと,タイトルや文章などが魅力的である必要があります。

メールマガジンの他には,twitterやfacebookなどのSNSを使った集客方法があります。これは簡単で,アカウントさえ取得すれば,だれでも始められます。しかし,これも効果的に集客をするには,自身のツイートなどの投稿をなるべく多くの人に見てもらう必要があります。そのためには,できるだけ自分のネット上での露出度を高め,多くの人が目に留めるような魅力的な投稿をし続けることが大切です。

この方法で効果的なのは,ブログとの併用です。ブログは比較的長い文章が書けたり,自分のページをカスタマイズしやすいですから,自分の事業というものを知ってもらいやすくなります。これをプラットフォームにしてSNSとの連携を行えばよいのです。様々なネットのツールを連携させることで,自分への注目度を上げることが可能になります。自分のブログページにメールアドレスを記載しておけば,向こうから連絡が来るかもしれません。そうすれば,先ほど紹介したメールマガジンとの連携も行えるようになります。

SNSを制する者は集客を制する

昨年、個人事業を始めました。乾燥野菜やドライフルーツの小売で、自分でパッケージデザインをし、乾燥野菜やドライフルーツを製造し充填して、委託販売で置かせて頂ける野菜の直売所やスーパーで販売していました。

また、月に1?2回程度近郊で開催されるイベントへ出店して販売もしていました。
誰も知らない個人事業をどのようにして周知してもらうか。。。まず実行したのはフェイスブックです。
フェイスブックは元々個人アカウントで利用していてフェイスブック内の友達とも近況報告をしたりと日常的にやり取りをしていました。
そこで、事業用のフェイスブックページを作り、まずはフェイスブックの自分の友達に申請をしました。
申請を出した3割?5割くらいの友達がフォローしてくれ、投稿した内容に「いいね」または「シェア」してくれることにより友達の友達へも認知されるようになり、新たにフォローしてくれる人もいました。

月に1、2回投稿するようにして1年たった現在は、ページへいいねしてくれているフォロワーは228人になりました。
しかし、言ってしまえばフェイスブックは友達から友達の友達、またその友達の友達…と自分の人間関係から徐々に広がっていくだけです。
そこで、もう一つ。
インスタグラムも始めました。

フェイスブックと同じように事業のアカウントを作り、これまたフェイスブック同様友達にフォローの申請をします。
が、フェイスブックと違うところ、それはフォロワーの範囲が広いということです。
私の事業は乾燥野菜とドライフルーツなので、ハッシュタグ検索を使って「乾燥野菜」や「ドライフルーツ」または「無添加」「時短料理」など、私の事業と似た内容の投稿をしている人を探しました。そしてその投稿にいいねをすると、大体の人はいいね仕返してくれます。コメントをくれる人もいます。そして現在フォロワーは、724人になりました。

新卒必見!抑えておきたいウェブマーケティング用語

ウェブサイトを構築する上で欠かせないのがSEOやコンバージョンです。

SEOは検索エンジン最適化、ホームページ内部の内部対策と被リンクと呼ばれている外部サイトからのリンク対策でもある外部対策の2つを講じる事で検索エンジンからの評価を高め、集客力を持つウェブサイトを構築する事が出来る、ウェブマーケティングには必要不可欠な対策がSEOになります。

コンバージョンはウェブサイトの目標達成を意味している言葉であり、目的達成には収益と言う事も在れば、メールマガジンの登録、資料請求、セミナー参加へのアクションなどもコンバージョンになります。

尚、コンバージョンは指標としてコンバージョン数と言われているCV数、アクセスが在った中でコンバージョンに至った割合を示すコンバージョン率でもあるCVR、そして1つのコンバージョンを得るために必要となった費用を1件当たりの獲得単価としてCPAで表すことが出来ます。

また、ウェブサイトの運用目的に応じて、指標を何にするのか、何を重視するのかは異なるのが特徴で、広告掲載料での収益を重視する場合には、コンバージョンよりもページビューとも言われているPVやユニークユーザーとも言われているUUなどが重要な指標となるケースも在ります。

尚、PVはPage Viewの略語で在り、ページビューと呼ばれているもので、ウェブサイトの特定ページへのアクセス回数を表す指標で、ウェブサイト自体の閲覧数を把握する目的で利用される数字になり、PV数はユーザーやアクセス回数などに関係なく、サイト尚のページが表示された、延べ回数を積算し、集計を行う目的の指標になります。

UUはUnique Userの略語で在り、ユニークユーザーと呼ばれているもので、定めた集計期間の中でウェブサイトにアクセスを行ったユーザー数を表すもので、同一ユーザーが何度も同じウェブサイトにアクセスをした場合でも、1UUと言う形でカウントされるのが特徴で、UU数の集計の方法としてはIPアドレス、ホスト名、クッキーなどを利用して集計を行います。

デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違い

デジタルマーケティングは従来のインターネット上でのマーケティングを総称した呼び方と考えても良いです。厳格な線引があるわけではありませんが、ウェブマーケティングはwebサイトのみで検討されるマーケティング手法であるのに対してwebも含めたインターネット全体でのマーケティング手法と捉えられています。デジタルマーケティングでは主にECサイトと企業のウェブサイトを繋げることから始まります。ウェブサイト単体で行われるマーケティングであるウェブマーケティングとは広さが違います。

ウェブマーケティングではサイト単体でコンテンツを作り上げる事になりますのでターゲットを厳格に決めて作成されるケースが多いです。ターゲットの厳格化は従来のSEOでは危険視されていることも多かったですが、検索サイトがコンテンツを重視してきたことでウェブマーケティングではSEO的な意味も含めてコンテンツ重視のウェブサイト作りとなっています。そのため、他のサイトやECサイトとの連携よりも単体でのコンテンツの完成度を求めることが多いです。

対してデジタルマーケティングでは繋げられるものはすべて利用しますのでSNSやECサイトを絡めてトータルで収益を出そうと考えます。特にウェブサイトのコンテンツを利用してインバウンドマーケティングを活用することが増えています。ECサイトでは従来商品の紹介をするだけでSNSなどでの紹介で新規顧客を得ようとしていますが、デジタルマーケティングではウェブサイトなどの単体メディアを利用した商品紹介の繋がりを作ることを行ないます。

繋がりという意味では従来のSNSの利用と一緒ですが、ウェブサイトを紹介する方々はすでにターゲットとして重要な位置づけの方ですから、ターゲットに合わせてECサイトを紹介することができればECサイト側の収益に直結しますし、繋がりができることで新規顧客獲得にも繋がると期待されています。

アマチュアオーケストラのWebを利用した集客活動

趣味で楽器を弾いており、趣味が高じてアマユアオーケストラ(以下アマオケ)に所属しています。
現在そのWeb関連作業の担当をしています。私の所属しているアマオケは企業等の支援はないので自ら広報活動を行い集客する必要があります。

Webサイトの構築
まずWebサイトを構築し、演奏会の日程、団の活動概要、団員募集要項等を告知しています。
Googleアナリティクスも設定しており、アクセス数、参照元、検索ワード等を調査しています。
大体、演奏会本番が近くなると演奏会の情報確認のためかアクセス数が倍増しています。

他のサイトへの情報掲載
意外と集客効果があるのは演奏会を開催するホールのサイトです。
今はどこのホールでもサイトがあり、チラシの画像も掲載していただくことができます。
団のサイトの参照元を見ると、開催ホールのサイトから流入している数も毎年そこそこあります。
またアマオケの演奏会情報を集めているサイトがいくつかあるので、そこに演奏会情報も掲載しています。

Facebookで最新情報の発信
Webサイトは演奏会情報、団員募集と情報が固定化されておりCMSは導入せず静的なHTMLなので更新もやりにくいです。
そこでFacebookに公式ページを作成し、練習の様子、演奏会の曲目紹介などを随時発信するようにしています。特に演奏会本番近くには、更新頻度を上げるようにしています。
団員でもFacebookのアカウントを持っている人が多いので「いいね」数を増やすよう協力していただいてます。いいねをしてくれた人のタイムライン上にも団の情報が表示されるので、それだけ情報が拡散できます。

現在はようやくいいねの数が730人くらいになりました。毎年少しづつですが増加してきています。
コメント欄にも書き込んでくれる人がたまにいて、相互情報の交換もできます。
また、Facebookのインサイト情報を見てどのような記事がよく読まれているか確認しています。
アマオケは演奏活動、演奏曲等、いい素材のコンテンツが多いので、どのような情報をコンテンツとして配信すれば集客に結びつくか、
検討しつつ情報を発信するようにしています。

seo対策はユーザーサイド思考で今後も永遠に続いていく

SEO対策は昔はある程度、推測ができ(相互リンクなど)対策も容易に考えることができました。しかし、今のSEO対策はどうなっているのでしょう?具体的に語ることができる人もいないのではないでしょうか?

検索エンジンといえば皆声を合わせてGoogleという時代ではないでしょうか?わたし自身そう思います。毎日、ネット上にアップするユーザーがたくさんいて、どの様にすれば検索上位に上がることができ、あばよくば、収入に結び付けようとする人たちが世の中には何万といます。しかし、検索エンジンを開発しているGoogleさいどでも毎日のように検索エンジンを開発発展させています。ランニングチェンジを永遠に続けていると言っても過言ではないでしょう。それを見越して工夫をすることにより検索上位に上がるのは不可能だと思われます。我々ユーザーサイドができることと言えば、Google検索エンジンのエンジニアの思考をよみとくぐらいしかできないとおもうのです。

Google検索エンジンの思考とはどういうものでしょう。それは一言で言うと「検索ユーザーサイド』にたった開発が行われているということです。つまり、良質のコンテンツを上位に上げるということです。それに対し我々できることは真摯にそれを受け止め、皆に見てもらうことを目標として上質なコンテンツをあげることしかないようにおもうます。内容は充実し、検索ワードとマッチしていてみながよんで満足感が得られるコンテンツに仕上げるのみしかないと考えられます。

昔はサイトに飛ぶと色々関係がないと思われるバーナーなどたくさん不愉快な思いを私達はしていましたが昨今のサイト状況は変わりました。SEO対策があまりいみがないじだちになった事を意味しているとおもわれます。これからもこの銃今日は変わらないでしょう。

利用者の要求に対して回答が得られるようにコンテンツを作成して検索エンジンに教えてあげる事。

利用者は知りたい事、疑問を検索しその回答を得ようとします。
ですので、商品やサービスなどをSEOにかけたい時、
まずは利用者がどんな事で困っていて、
その商品を使う事で、
なぜ良い事が得られるのかを、
コンテンツに盛り込む事が必要かと思います。

googleも利用者への利益が一番大切で、
エンジンのアルゴリズムもそのように対応していくと言っています。

SEO業者は以前、多くのURLからターゲットのコンテンツに対してリンクを貼る事を行っていましたが、
SEOだけを目的とした意味のないリンクネットワークから多くのリンクが貼られている場合、
サイトの評価は下がってしまいます。(google ペンギンアップデートと呼ばれています。)

利用者は自分の疑問である事、知りたい事に対する単語を検索します。
ですので、SEOを考えると時、その商品やサービスのベネフィットを考える事から始まります。

例えばお酒を販売したいのであれば、どのようなシチェーションなのかを考えます。
一人で疲れを癒す為に飲みたい。
大勢の仲間とバーべーキューをしながら飲みたい。
恋人と甘い時間を持ちたい。

などです。

この場合のSEOを考えると

疑問:「一人」「癒す」 回答:「お酒で疲れを取る」
疑問:「仲間」「バーベキューの飲み物」 回答:「お酒で盛り上がり」
疑問:「恋人」「時間の過ごし方」 回答:「お酒でもっと親密に」

のようになるかと思います。

但し、このれらの単語は競争力が高いので検索結果のトップページに上がって来る事は非常に困難です。
その為、リスティング広告などを使って、積極的にトップページへの表示を図る事が必要あります。

上記のような競争力の弱い単語として、商品名などがあります。
この単語は十分に周知されていれば良いですが、そうで無い場合は
その場合は、テレビや雑誌などの広告なども利用して商品をアピールする事が必要となります。

この場合、費用はかかりますが、競合がいないので、勝算は高くなります。

SEOの目的は上位表示ではなくコンバーション

SEO(検索エンジン最適化)をするには、サイトを開設する当初から、SEOを意識して制作することが望ましいという専門家は多いです。
なぜなら最初の1ページからSEO対策を意識して作り込めば、内容の充実したコンテンツが100記事、200記事と増えていくわけですから、検索エンジンの上位表示を狙う意味で有利です。
サイト全体の構成やレイアウトも重要です。
検索エンジンに上位表示されるサイトは、検索ロボットが巡回して来た時に、「これは良いサイト」と認められるサイトです。
この検索ロボットが見るのは多くの項目で、それは公になっていません。
検索ロボットが何を見るのかを知ることも、SEO対策の一つです。
難しい専門的な話は抜きにしますと、たとえばサイト内を巡回しやすいということです。
ワンクリックで行きたいと思うページに簡単に行けるということも、その一つです。
「この情報を知りたい」と思い、ユーザーがその言葉をクリックしようとしたら、リンクではなかったらどうでしょう。
「どこを押せばそこに飛べるのか?」とあちこち探さなければいけないようでは、良いサイトとは言えません。
あとは、検索ロボットはサイトの上部を重視するので、サイトの顔として力を入れたいところです。
検索エンジンで、ユーザーが何かを調べたい時に、一つのキーワードではなく、複合キーワードを使うことがあります。
たとえば「下町ロケット 佃製作所」「半沢直樹 主題曲」のように、より詳しく早く情報を知りたいので、二つの言葉を組み合わせる場合が多いです。
自身のサイトを検索エンジンに上位表示したい場合、「どんなキーワード」で勝負するかを考える「キーワード対策」は熾烈な戦いです。
狙ったキーワードで検索された場合、自身のサイトが上位表示されるように対策を練るのがSEOです。
大事なことが二つあります。
それは競合性とニーズです。
あまりにも多くの人が関心を寄せている事柄だと、そのことに関しては多くの人が記事を書き、あるいは大企業の巨大サイトがSEO対策をしているので、上位表示も困難になります。
かといって、あまりにもマニアック過ぎてニーズがないと、上位表示されるかもしれませんが、アクセスも見込めないので成果につながりません。
サイトを検索エンジンに上位表示されることは、あくまでも手段です。
目的は、多くの人が自身のサイトに来て、そこで購買行動などをとってくれるという「コンバーション」こそが目的です。
ですから、大量のアクセスを見込め、しかも自身のサイトが上位表示されるキーワードを見極めることが重要になってくるのです。

映像制作について一般的個人の意見で思うこと

今映画館で映画を見ることが少なくなっているような気がします。映画になってもすぐにDVDになるのでレンタルショップで借りることができますがそこで私が気になっている思っていることがあります。何かというと映像についてです。映像制作のことは詳しくわかりませんがここ最近の映像は相当クオリティーがよくなっています。合成してもそこの部分が全然わからなかったり素晴らしいものが多いですが一つだけどうしても映像制作でなんとかならないのだろうかと思う部分があります。それはホラー映画についてです。映像制作のクオリティーはすごくいいのになぜかホラーだけは暗い中での恐怖を作っているので明るい状態でホラーを作ることはできないのかと思ってしまいます。どのホラー映像もいいですがすべてに共通すると思うのが恐怖を映像に起こすときは絶対に画面が暗いような気がします。そして日本の映像制作に関しては洋画と違って起承転結が一般的なような気がします。洋画は最後まで見ないと結末がわかりませんがなぜか日本は最後の結末がわかってしまいます。というより予想ができる気がします。すごくインターネットが普及してプログラミングをどんなものにも対応できるようになりましたが、映像制作に関しては変わらないような気がします。私個人が映像制作に思うことは、もっと映像を深く掘り下げてみてはどうだろうかと思うことです。もっと今までにない映像制作の取り組み方や映像に対してを変えてみてはと思ってしまいます。映像制作会社はたくさんありプロもたくさんいますが、同じ感じがしてしまいます。今はプロでなくてもインターネットの動画制作を個人で作ることができますがそれこそ個人の人のほうが大変うまいような気がします。ぜひこれからの映像制作はインターネットの動画を参考にしてもらいたいです。

SEO(検索エンジン最適化)って何のことかわかりますか?

ブログなどサイトを運営している人ならば、SEOという言葉を聞いたことがあると思います。
「SEO? もちろん知ってますよ、最高経営責任者のことでしょ」「それはCEO!」なんていう会話をしている人はまさかいないでしょう。
しかしSEO対策を本格的に実践し、成果を出すとなると、これは結構大変なことだと認識してる人は多いと思います。
特にパソコンの操作にさほど詳しくない人は、SEO対策を研究する時に、あまりにも専門的で、難しそうで、やる気が失せる場合があります。
「そこまでの面倒な作業をしなきゃいけないなら、いいや」という人もいるかもしれません。
そういう人に朗報というか、実はSEOの基本理念は、そんなに難しくないのです。
最初に結論を言えば、小細工するよりも、「充実したコンテンツ」を提供することが、最強のSEO対策なのです。
そもそも、何のためにSEO(検索エンジン最適化)をするのでしょうか?
検索ページは、インターネットを利用する人ならば、日常に使っているのでわかると思います。
人は、何かを知りたくて、キーワードを入力し、検索します。
検索エンジンとしては、1ページ目の上位に、検索した人が「知りたい情報」を的確に見ることができるサイトを表示したいのです。
そして、自分のサイトを検索エンジンに上位表示させるための対策が、SEO対策です。
そのために大企業から個人まで、あらゆる知恵を絞り、情報を収拾し、自身のサイトが検索エンジン1ページ目の上位に表示されるように努力しています。
ですから、上位表示されることは簡単ではありません。
ただ、間違ったSEO対策をすると、上位表示どころかイエローカード、レッドカードをもらい、自身のサイトが検索エンジンに表示されなくなることもあります。
悪い例が、「他サイトからたくさんリンクを貼られると良い」という古い情報の聞きかじりで、自作自演で急激にリンクを増やし、その不自然さからレッドカードをもらうというパターンです。
策や方法ではなく、検索する人の気持ちに立ち、いかに検索した人が「そう、これを知りたかった!」と感嘆する内容の充実した、またボリュームのあるコンテンツを更新し続けることが、最強のSEO対策なのです。